小学校の「親子」30組

2017年12月~2018年4月の

毎月1回 日曜日午後 13:30~15:00

サイボウズ

日本橋オフィス

〒103-6028 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階

詳しい地図はこちら

このプログラムは、サイボウズと毎日新聞社の連載「プログラミングって?」の書籍刊行(2018年3月予定)を記念して行う体験型授業です。 大人たちが受けてきた教育や、子ども時代を過ごした環境とは大きく違う現在において、子どもたちに必要な力や、教育を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。明治以来の近代教育が支えてきた社会とは質的に異なる社会で生活し、仕事をしていくことになる現在の子どもたち一人ひとりにとって必要な能力は、思考力・判断力・表現力だと言われています。このプログラムは、それらの素養を身につけるための授業(アクティブ・ラーニング)を親子で体験してみるプログラムです。また、こうした授業を通して様々な大人の話を聞いたり体験することで、子どもたちが自分で一歩を踏み出せる力につながれば幸いと考えています。

12月の授業(12月3日)※終了

ついに決まった!大学入試改革(親)

リップクリームを作りながら世界の国の現状を学ぶ(子)

(指導/監修 栄光ゼミナール/株式会社ココウェル)

(親御様)2020年大学入試改革。これをポイントに小学・中学・高校の学習指導要領が大幅に変更いたします。何が具体的に変わるのか、お子様が活躍する未来を背景にどのような進路選択が最適か、を考えるお話をいたします。

(お子様)世界の国(主に東南アジアなど)を知り、そこで活躍する日本人の話を聞き、実際にその国のものをつかって、ものづくりを体験します。ココナッツからリップクリームをつくる工程は、理科の実験にも近く、社会と理科を融合した学習を通して、国際的な視野も育みます。


1月の授業(1月14日)※終了

チームワークってなに?

(指導・監修/サイボウズ株式会社)

「チームワーク」という言葉はよく聞く言葉ですが、実際にどのようにしたらチームワークが良くなるのかを、実際に企業で行われている研修をもとにゲームを通して感じてみます。また、チームで話し合いをするときのコミュニケーション方法も試してみて、自分の得意・苦手、話し合いの仕方を学びます。

2月の授業(2月4日)※終了

「お金」ってなに?

(指導・監修/鎌倉投信株式会社)

「お金」ってどのくらいほしい?どのくらいあれば幸せになれるんだろう? 私たちにとってとても身近な「お金」について考えてみます。自分の将来を考えるときに、自分の「やりたいこと」のために「お金」とどのように付き合えばいいのか。たくさんのお金に関わってきた先生の経験談を踏まえてお話しみんなで考えてみます。

3月の授業 ①(3月4日)※終了

「伝える力」を身につける 

指導・監修/毎日新聞社)

ニュースって難しいと思っていませんか? 子ども向けの新聞記事や雑誌の記事にはわかりやすく伝える工夫がたくさんあります。そうした工夫を編集者から学び、ニュース記者、ニュースキャスターになってみましょう。実際の新聞記事をもとに、子どもは「自分の言葉でニュースを伝える」ワークを、大人は「子どもにニュースを伝える」ワークを同時に行いながら、伝える力をもつ言葉や表現について考えましょう。

3月の授業 ②(3月17日)

森の戦士 ボノロン 環境のおはなし会

ボノロンの湖の話を読みながら環境について学ぼう

指導・監修/株式会社セブン銀行 協力/NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム、株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ)

この授業では、読み聞かせの効果を伝えるとともに、実際に子どもたちで本を読む実践をしてみます。ボノロンの湖の話を読みつつ、環境について、社会課題となっている海洋ゴミ、河川ゴミ問題や、生物の多様性について、荒川の例をもとに学びます。

※セブン銀行では2005年6月より、読み聞かせ絵本「森の戦士ボノロン」に協賛し、偶数月の15日にセブン-イレブンやデニーズ等で配布をしています。

4月の授業(4月1日)

「プログラミング」って? 

指導・監修/サイボウズ株式会社・毎日新聞社)

プログラミングとは「指示書」のこと。身の回りの機械をもとに、その裏側を知ったり、実際のプログラマーとともに「指示書」をつくってみたりします。2020年から必修になるプログラミング教育を前に、身近でありながら何だかわからないコンピューターとプログラムの世界をときあかしてみます。何をしてもらいたいか、どうすればいいかといった、プログラムに必要な「考え方」を学びます。

親 1,000円/1人

子ども 1,000円/1人

※お申込みフォームにてお申込み後、

決済ページ(クレジットカード)が表示されます。

こちらからお申込みください。

主催・運営

サイボウズ株式会社

共催

毎日新聞社

協力

栄光ゼミナール

photo credit: noriqnub qn20170525135118Q5250451.jpg via photopin (license)